12345TOTAL
南部ルーキーズ000101
野菊野ファイターズ20218
ヒロアキ-ヒダカ

カリフ・マルエス旗争奪少年野球大会、

決勝トーナメント3回戦の相手は地元 野田市の南部ルーキーズさん

この学年は初対決。

 

試合は初回に1~3番で2得点。幸先良いスタート。

以降も得点を重ね、先発ヒロアキが5回を被安打1の1失点に抑え

5回コールドゲームで今大会ベスト4進出を決めた。

 

まずは久しぶりに先発したコウキ

朝のバッティングが良く、ボール回しでいつもの凡ミスが

少なかったことを受けて抜擢したところ、見事期待に応えるヒット

このヒットを皮切りにチームも流れを確実に掴んだ気がする。

今回の結果が単発にならないようにして欲しい。

コウキにはチーム古参メンバーとして、自分の現状に危機感を持ち、

基礎基本が心もとない理由は何なのか?もう一度見つめ直してほしい。

 

もうひとつ、気になるのはヒロアキ

評判が市内を越え、最近はほとんどの相手から警戒され、

ライト・センターは果てしなく後ろに下がる。

その結果なのか、力んで凡打が増えてきた。

またマウンドでは、この日もそうだが、

たった1本打たれただけで荒れ狂う制球…

 

いつまでも子供のままの気持ちでは、ここまでの選手で終わり。

他チームからこれだけ警戒されるということは、

それだけの力がある選手であるということであり、

それだけの力がある選手ということは、相応の責任を負っている

その責任から逃げているうちは、これ以上の成長は望めない。

 

ヒロアキには「素直に」なって欲しい

 

“素直に”仲間を信じて、“素直”に仲間と喜び、

“素直に”両親を含めた目上の人の話を聞いて、

“素直に”自分の能力を信じて欲しい。

 

ヒロアキがいるマウンドにいる時、

フウガが何回足を運んだか?

外野からのカズヤの大きな声が聞こえたか?

ヒダカの「いつも通り!」の声を背中に感じたか?

ベンチからのIコーチや控えメンバーの発破に耳を傾けたか?

そのどれにも反応すらしないヒロアキ

 

ヒロアキよ、誰よりも野球が大好きなのだから、

もっと笑って、楽しく野球をやろう!

ヒロアキの周りには、君を頼りにしつつも、頼るだけではない、

支えてくれる15人の仲間がいるぞ!

ページ最上部へ戻る