1234567TOTAL
三郷スターズ00010023
野菊野ファイターズ310100×5
フウガ、アオイ-ヒロアキ

カリフ・マルエス旗争奪少年野球大会、

決勝トーナメント3回戦の相手は初対戦の三郷スターズさん

3名の身体の大きな選手が交互にバッテリーを組む相手で、

いずれも素晴らしい球を投げる投手だけに、鍵はバッティングと想定して挑む。

 

試合前に伝えた指示を選手が意識してくれた結果として、

初回から好投手を攻略し3点を先制

特に速球への対応に不安があり、試合前まで打順に迷っていたリュウタが奮起

いつも通り5番に据えると、一打席目の初球から打って出てレフト前ヒット!

この日、2安打でマルチヒットを記録、ベンチの不安は杞憂に終わる。

その他の選手も全員が打席での積極性を見せ、終わってみれば9安打5得点で快勝

この試合は貧打チームの打線としては、自信を得る試合になった。

 

一方守備では反省点も。

 

1試合を通じてエラーが4つ。それもリズムを掴むべき初回から2つ出た。

幸い、盗塁死と初めて見るような完璧なショートゴロゲッツーで切り抜けたものの、

打ち取った当たりのエラーであっただけに、大いに反省が必要

 

競った試合や大事な試合で同じことは許されない。

選手たちにはずーーーーーーっと繰り返し言ってきていることだが、

たった一つのミス、それも普段では考えられないようなミスで、負けてしまうものであり、

それを避けるためにも日頃の練習中からの各自の厳しい姿勢が必要。

 

ミスを流すのではなく、一人一人が妥協しない姿勢を生んでいこう。

ページ最上部へ戻る